ひかりコラボレーションモデルについて

弊社では、お客様からの依頼がない限り、特定の「ひかりコラボレーション」事業者の取り扱いは致しません。

光コラボこと「光コラボレーションモデル」は、「フレッツ光」の回線を様々な企業に卸すことを、2015年2月にNTT東日本・西日本が開始しました。光回線の更なる普及を目指した施策で、事業者によって価格帯や付加価値で勝負する、いわゆる「競争原理」が働き、サービスを安く利用できたり、プロバイダや携帯電話など、サービスを一本化するなどのメリットがあります。

しかし、熾烈な顧客獲得合戦となり、多くの卸業者が電話・訪問営業を行い、中では「NTT」と名乗り、「現在使用中の回線は使用できない」等、悪質な勧誘もあります。さらに、一度契約した光コラボ事業者から移転する際は、「電話番号が消滅する」というリスクも含んでいます。

これまで、電話工事をする際に、やむを得ず、「回線の消滅、変更」「契約会社の所在不明」などのトラブルと直面いたしました。

ですので、弊社お客様には、「安くなる」と言われても、すぐに契約しないようお願いし、弊社へご連絡いただくようお願いしております。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

※参考:独立行政法人国民生活センター調査発表より