改正個人情報保護法が、2017年5月30日に全面施行

改正個人情報保護法が、2017年5月30日に全面施行されました。

これにより、従来は保有している個人情報の件数が5000件を超えていなければ、個人情報保護法の規制対象から外されていましたが、2017年個人情報保護法改正で5000件要件が撤廃されました。1件でも個人情報を取り扱っている事業者は、すべて個人情報保護法が適用されますので、全ての事業者が該当します。

それと同時に、企業の機密情報を狙った「標的型サイバー攻撃」の手口は巧妙化する一方であり、最新のセキュリティ対策を投じていかなければ、十分に保護できない危険性があります。

参考:特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会より
表 1:2017年 個人情報漏えいインシデント 概要データ【速報】

漏えい人数 519万8,142人
インシデント件数 386件
想定損害賠償総額 1,914億2,742万円
一件あたりの漏えい人数 1万4,894人
一件あたり平均想定損害賠償額 5億4,850万円
一人あたり平均想定損害賠償額 2万3,601円

このように、要因は多岐に分かれますが、対策を投じることで未然に防げる内容も多く見受けます。

現代は、顧客情報の他、生活するうえで、PC,スマホ、ゲーム機、カード情報などを利用すると、個人情報の履歴が残るなど、規模の大小にかかわらず、個人情報の提供が免れられない時代です。

UTM導入でネットワークのセキュリティ強化

そこで注目されているのが、UTM(統合脅威管理)です。UTMは、いくつものセキュリティ対策を組み合わせた「多層防御」を実現することで、コンピュータウイルスやハッキングなどの脅威からネットワークを効率的かつ包括的に保護します。

UTMの機能

弊社では、サクサグループが提供するUTMの取り扱いをしております。

1.世界トップクラスのエンジン搭載
アンチウイルスに世界トップクラスである株式会社カスペルスキーのアンチウイルスエンジンを搭載し、Webフィルタリングには国内シェアNo.1のアルプス システム インテグレーション株式会社のURLデータベースを採用しております。
2.情報漏えい対策
設定により数分間「SS5000」の装置内でメールを保持することができるので、保持している間にメールを送信した宛先が誤っていたと気づいた場合、メール送信をキャンセルすることができます。(メール誤送信防止機能)
また、メールに添付するファイルの暗号化機能も装備されております。特定の人に送信するメールについては添付ファイルの暗号化はしないという設定も可能です。(メール添付ファイル自動暗号化機能)
3ウイルスの検知情報を「見える化」してお知らせ
本体のLEDを点灯・点滅することでウイルスの検知・駆除情報をお知らせします。さらに、サクサのキーテレホンシステム「PLATIAⅡ」と連携することで、検知・駆除情報を電話機のLCDに表示し、ネットワークの脅威をより「見える化」してお知らせすることができます。また、株式会社パトライトの表示灯(オプション)との連携により「見える化」してお知らせにも対応しております。
4ポートVLAN機能搭載
ポートVLAN機能によってネットワークを論理的に分割し、アクセスできる範囲を限定することができます。社内ネットワークとは別に来客用ネットワークの提供や、部署ごとにネットワークを分割するといった使い方もできます。

設置から保守まで顔の見えるサービスをご提供します

導入には既存のインターネット契約とネットワークシステムを活用できます。

お客様専用のWebページをご用意し、「脅威からの防御状況」を分かりやすく表示。
導入効果を簡単・手軽、しかも視覚的に把握できます。

■SS3000Ⅱご購入のお客様には追加費用なしでご利用いただけます。

■Webでの確認ができるので、タブレットなどでも利用できます。

■特別なツールのインストールなどは不要です。

さらに弊社にて定期的に調査訪問して、脅威からの防護状況を説明と今後に向けた運用方法の改善など打合せを行い、必要に応じて設定変更いたします。