防犯カメラの目的と必要性

近年多発する様々な犯罪に際し、監視カメラ映像が犯人特定の決め手になっているケースを多く見受けます。

これらは、防犯のために設置したケースや、複数の拠点を持たれているオーナー様が一括管理するために設置されたケース、公共のカメラなど様々な視覚からの映像提供により検挙につながるケースも多く、二次災害防止につながります。

今の時代、防犯カメラは必要不可欠なアイテムです。

導入されたお客様が求めたニーズとしては・・・(一例)

不動産業様 駐車場や分譲地、管理している物件を一元管理して遠隔監視と記録
建設業様 現場に設置して、工程管理と未然の事故防止への現場意識向上と記録
病院様 盗難・紛失事件または医療事故への未然の意識向上と記録
コンビニ、スーパー様 万引きの防止、複数店舗管理など
工場様 工場内稼働状況の見える化と未然の事故防止への現場意識向上と記録
オフィス 内、外部による犯罪の未然防止

これは、ほんの一例ですが、犯罪や労災を未然に防ぐためには、企業の重要な情報を安全に管理することも必要不可欠です。

情報漏えい 不正アクセス なりすまし データ改ざん

防犯カメラはこうした犯罪や不正を未然に防ぐために、監視や記録することができます。また、カメラが設置してあることを示すことによって、犯罪に対する抑止力と意識向上にも発揮します。

多彩な機能を兼ね合わせたネットワークカメラ

弊社では、Pananonic製とNSS製2つのネットワークカメラを主軸として取扱いしております。

デモサイト公開中

弊社に設置してあるNSS製のネットワークカメラ映像をデモ公開しております。

URL http://gr6df6fc.dvrhost.com:7000/
I  D admin
P W ps8888
・IEのみ閲覧可能 実際には専用アプリから閲覧できます。

・閲覧のみ可能です。不正ログイン、異常な動作は検知、記録しております。