皆さんこんにちわ!

今日は、弊社が最近よく受ける問合せから「光コラボ」のプチ情報をお届けします。

皆さんは、「光コラボ」はご存知ですか!?

光コラボこと「光コラボレーションモデル」は、「フレッツ光」の回線を様々な企業に卸すことを、2015年2月にNTT東日本・西日本が開始しました。

光回線の更なる普及を目指した施策で、事業者によって価格帯や付加価値で勝負する、いわゆる「競争原理」が働き、サービスを安く利用できたり、プロバイダや携帯電話など、サービスを一本化するなどのメリットがあります。

反面、熾烈な顧客獲得合戦となり、多くの卸業者が電話・訪問営業を行い、中では「NTT」と名乗り、「現在使用中の回線は使用できない」等、悪質な勧誘もあります。

さらに、一度契約した光コラボ事業者から移転する際は、「電話番号が消滅する」というリスクも含んでいます。

そもそも、NTTよりお願いすることはありません!
このことは、NTTホームページでも記載されています。

(以下、NTT東日本ホームページより転記)https://flets.com/tenyou/

フレッツ光をご利用中のお客様に対して、光コラボレーション事業者様の提供する光アクセスサービスへの切り替えや『転用承諾番号』の取得を、NTT東日本よりお願いすることはありません。

NTT東日本やフレッツ光をかたって、光コラボレーション事業者様の提供する光アクセスサービスへの切り替えや『転用承諾番号』の取得が必要だと説明する、不審な勧誘(訪問営業、電話営業、勧誘メール等)にご注意ください。

(お客様への不審な営業活動例)
「NTT東日本との提携でフレッツ光から●●への切り替えを案内しています」と案内をうける
「NTT東日本から依頼を受け、●●地区全体の切り替え工事をしている」と案内をうける

以上、「光コラボ」のメリットとデメリットについてでした。
※弊社事例からの見解

弊社では、光コラボの取扱いはしませんが、お客様の環境に応じた適切なご提案をいたします。

困りごとなどあればご用命ください。

top-slide3